こどもを生み育てたくなるまちづくり

横プラ会員で横浜市立大学准教授の三輪律江が登壇するセミナーのご案内です。

日本都市計画家協会×シティラボ東京 連続セミナー

こどもを生み育てたくなるまちづくり
- まち保育のススメ -

こどもを生み育てることの大切さは言うまでもありませんが、人口減少・少子高齢化の時代を迎えて、その重要性は一層増しています。しかし、核家族化や若い世代の共働き化の進展など社会・経済的な変化から、子育て環境はむしろ困難さを増しています。また、わが国の貧弱な市街地環境により、大津の園児死傷事故のような痛ましい事態も多く起きています。

このような状況に対応するには、社会制度の改善と同時に、皆が住む身近なまちに対して、ソフトとハードの両面から「こどもを生み育てたくなるまちづくり」を進めていく必要があります。

本セミナーでは、こどもを巡るまちの状況を踏まえて、こどもと共にまちも育つという「」の考え方の理解と実例を学び、まち保育の実現に向けたまちづくりの方向性と課題について展望します。

日時:7月13日(土)  14:00〜18:00

◇プログラム
 14:00〜14:50
  第1講:米田佐知子(子どもの未来サポートオフィス代表)
  「こどもを取り巻く現在の環境とまち保育のすすめ」
 15:00〜15:50
  第2講:棒田明子(NPO法人孫育て・ニッポン理事長)
  「多世代と培うナナメの関係とまち保育」
 16:00〜16:50
  第3講:三輪律江(横浜市立大学准教授)
  「まち保育の観点から見たまちづくりの課題」
 17:00〜18:00
  質疑とディスカッション
  受講者を交えたミニパネルディスカッション形式  

参加費:事前振込の場合 :会員 ¥4,000-  非会員 ¥5,000-
    当日支払いの場合:会員 ¥5,000-  非会員 ¥6,000-


申込方法:お名前、所属、ご連絡先をFAXまたはEメールにてご連絡ください。
     FAX:03-6273-7492
     Eメール:jimukyoku@jsurp.jpを変換してご利用ください。